20代の女の内緒の日記です。私「美佳」が、独身女性のダイエット事情やいろんな事をつぶやきます。

20代の女の内緒の日記です。私「美佳」が、独身女性のダイエット事情やいろんな事をつぶやきます。

  • TOP PAGE
  • 光脱毛には数種類ある

光脱毛には、数種類あるとされており、どこで脱毛の施術を受けるかにより脱毛を実感できるかどうかが変わってきます。

やはり、お肌の受ける深刻なダメージには大きな違いがあるので、脱毛サロンごとの光脱毛の効果の違いに無関心にならずに前もって比べてみると良いでしょう。

知らないことが出てきたときは質問を用意して、カウンセリングの時に解決しましょう。

対応がずさんなサロンなどはやめるようにしたほうが良いと言えるでしょう。

男性も受け入れができる脱毛サロンはほとんど無いといってもいいのではないでしょうか。

よくあるのは、男性と女性が別々に区分けがされています。

脱毛という女性にとってデリケート問題に男性が関わってほしくないと思っている女性が多いので、言わずもがなではありますが。

しかしながら、男女兼用で利用ができるエステや脱毛サロンも存在しますのでカップルで施術を受けることも可能です。

脱毛サロンをどこにするかは大事な問題です。

幸いネット上に情報は溢れていますので比較するのは容易ですがその際、値段だけを見るのではなく、コースの内容や脱毛効果がどれ程のものか等の口コミも調べ、判断した方が良いです。

安さを一番大きなセールスポイントにしている脱毛サロンは少し用心した方が良いです。

安いからと言ってそこに決めてしまうと、脱毛効果に満足できずに追加で通ったり、違うサロンを試すことになったりで、終わってみるとかなり高くついていた、という例もしばしば見られます。

安いからとお店に行ってみると、執拗にお金のかかるコースを勧められたりすることもあり煩わしい思いをする可能性もあります。

それから安いお店だと利用者数も多く、混みあって行きたい日にうまく予約を入れられない、ということがしばしば起こり大きな不満点となるでしょう。

脱毛器は使用できる部位が決まっていて、どこでも脱毛できるわけではありません。

ただ、家庭用の脱毛器でもアンダーヘアの処理が可能な機種があるのをご存知ですか。

エステサロンなどのお店でアンダーヘアの脱毛をしてもらうのは恥ずかしいし、かといって処理はしたいしと思っている方は、市販の脱毛器を使ってみてはいかがでしょう。

皮膚がやわらかく痛みを感じやすい部位ですし、弱い出力で気長に処理したほうが良い場合もあります。

ですから、出力調整ができる機種なのかどうか調べてから購入するべきでしょう。

肌への刺激を自分で加減することができるので、とても便利です。

アンダーヘアの自己処理を脱毛器で行うのであれば、クチコミはあてにせず、メーカー側できちんとアンダーヘア対応を謳っている脱毛器を選ぶことが大事です。

アンダーヘア脱毛できない脱毛器でムリに脱毛すると、通常を超えた使用でヤケドをすることもありますし、炎症を起こしたケースもありますから、メーカーが推奨している用途以外での使用は避けなければいけません。

そういった注意点を踏まえてさらに、出力を自在に加減できるタイプを選べば出力の強弱は、皮膚への刺激や痛みにつながるため、ストレスなく使用を続けるのには最適です。

フラッシュ脱毛とは光脱毛とも呼ばれていて、脱毛サロン、更にはエステの脱毛コースでも頻繁に使用されている手段です。

特殊な光を肌に照射することによって、皮膚の奥にあるムダ毛を作り出している細胞組織にダメージを与えます。

フラッシュ脱毛器には家庭用のものもありますので、光脱毛を自分の手で行うことも可能でしょう。

レーザー脱毛より少ない痛みで、色素の薄い毛にも反応してくれるのが特徴と言えるのではないでしょうか。

同じ脱毛器を使っていても、ときどき痛いと感じられるときがあります。

個人差もありますし、同一人物でも部位によって感覚が違っていたりするので、避けられないことです。

そんなときは、脱毛前の下準備として、肌を保冷剤や濡れタオルなどで冷やしておくと感じる痛み(刺激)が軽減できます。

光脱毛方式のように出力の強弱を調整できる器具なら、出力を下げてみましょう。

きっちり脱毛しようとして出力を高くしても、同じ人でも部位・肌質・体調などによって、痛みを感じる度合いは違います。

ストレスを感じながら使用してても、続けられないと思うのです。

弱くても使い続けることで効果はあるのですから、ゆっくり脱毛していきましょう。

使いやすい脱毛器というと、出力調整機能がついた光脱毛の機種ですね。

ムダ毛を電気の熱で焼いたり、抜くタイプのものなどはその性質上、肌への負荷を考慮しなければならないでしょう。

また、それらの方式で脱毛しても、生えてくる毛が少なくなることはありません。

さきほどお薦めした光脱毛方式は脱毛サロンでも採用されている方式ですので安全ですし、サロンほどの効果を期待するのはムリとしても、なにより、あとから生えてくる毛が減るというのが最大のメリットですね。

出力調整が可能なのも魅力のひとつで、施術に伴う痛みを極力抑えることができるのです。

脱毛サロンに通って施術を受ける回数ですが、人によって差が出てくるものです。

早くて6回、多くて8回くらいが普通のようですが、ふつうより毛が多いかな、太いかなと思われる場合には、回数を増やさなければ、ムダ毛をなくすことはできません。

自分で「濃いかな」と思われる場合には、回数の制限がない脱毛サロンを選ぶことで、懸念を回避することができます。

でなければ、回数追加ごとの料金がどのくらいなのかあらかじめ確かめた上で契約しましょう。

ムダ毛を無くして全身スベスベになるのに必要な期間は、二年あるいは三年も必要なのですから脱毛サロンのチョイスはよく調べて納得できるところにしたいですね。

料金だけでなく、通いやすさや接客態度、予約がとりたいときに取れるか等、自分に合うところを決めてくださいね。

途中解約したい場合もあるでしょうから、その時には解約手続きが支障なく行えるかも契約前に確認すべき点となります。

関連記事

20代の女の内緒の日記です。私「美佳」が、独身女性のダイエット事情やいろんな事をつぶやきます。

Copyright (c) 2014 20代の女の内緒の日記です。私「美佳」が、独身女性のダイエット事情やいろんな事をつぶやきます。 All rights reserved.